横浜の中国語教室

効果的な学習に、他者との関わりは有用である。

入門期の学習者に有用な工夫があります。

テキストを選ぶ方法、実は簡単なもの

テキストを選ぶ方法、実は簡単なもの

                    选择教科书,其实很简单。


16.テキストを選ぶ方法、実は簡単なもの

「本屋に行ってテキストを見たのですが種類が多くてどれが良いのかわかりません・・・。」

こういう悩みはよく聞きます。確かに本屋で見てみると、数たくさんの本の中から一冊を選ぶのは難しそうですね。

しかし、実はそんなに悩む必要はないです。

中国語の勉強は長い道。あいにく、「この一冊さえあれば、てっきり中国語をマスター!」の本は存在していません。

テキストはどれにしても、それが終わっても勉 強できるポイントがまだまだ残ります。

しかし幸いなことに、「この本は出来があまりよくなくて、これで勉強すれば中国語・スキルが落ちる」本もありません。

そんな原書が作られても、出版社に認め られなくて発売にはなれないだから。

つまり本屋で見つけられる本はその現実に無い完璧なテキストと全くダメなテキストの間でしょう。

どんなテキストにしても、最後まで勉強すれば、中国語は多く ても少なくても上達する。

そしてそのテキストが終わってもまた他のテキストを始めるとまた上達する。

テキストの選び方のより、大事はとにかく勉強をすること。

今度勉強する気になっている自分が本屋で迷って疲れてない内に、自信持ってちょっとでも良さそう のを取ってそのエネルギーを勉強に使って行こう。